インテリアコーディネーター

レディ

ライフスタイルを作る

インテリアは毎日の生活を心地よく暮らすためにも重要です。そのため、インテリアコーディネーターに需要が高まっているのです。もしも、インテリアコーディネーターに関心を持っているなら、インテリア専門学校に通うことを検討しましょう。

仕事内容

インテリアコーディネーターの仕事はクライアントの要望通りに住宅のインテリアを配置、商品を提案することになります。各家庭のライフスタイルに合ったコーディネートを提案することが仕事ですから、センスが必要になってきます。

働ける現場

インテリアコーディネーターが働ける場所は、インテリア関連の商品が販売されているメーカーやインテリアショップ、または住宅メーカーなどになります。また、人によっては独立して店舗を持っている方もいます。

資格について

インテリアコーディネーターにも資格があり、それを取得することで就職や転職に有利になります。特に、業界の未経験者では資格を要求されることも多く、必須と言えるでしょう。しかし、新卒であれば資格を持っていなくても就職できる企業もあるそうです。

インテリア専門学校に通った方の口コミ

カリキュラムが充実

インテリア専門学校では、講師陣が年間を通してきちんとカリキュラムを組んでいます。ですから、効率的にインテリアコーディネーターのことが学ぶことができるのです!また、実習も実践的で素晴らしい!(男性 23歳)

就職に強い

インテリア専門学校に通って良かったと思うのは、就職率の高さです!!私が行きたい会社にインテリアコーディネーターとして、入社できたのも専門学校のおかげだと思っています!本当に通って良かった!(女性 25歳)

学費は高かったけど

二年制のコースで学費が高かったですが、奨学金を借りて入学しました。当時は学費を稼ぎながらで大変でしたが、しかし、奨学金を借りてまで入学して良かったと今では思います。私は今、インテリアコーディネーターとして頑張っています!(男性 25歳)

先生や先輩の意見が参考になる

専門学校では授業だけでなく、先輩や先生の話を沢山聞くことができます。そのため、知識を広げることができました!最近では、インテリアコーディネーターに関心を持っていて、先輩の話をよく聞いています!(男性 20歳)

オープンキャンパスで決めた

最初、僕はインテリア業界に関心を持っていませんでした。しかし、オープンキャンパスに行って、インテリアをコーディネートするのもいいなと思い、インテリア専門学校に進学しました。知識を持っていないため、授業は大変ですが毎日楽しいです。(男性 19歳)